嵐を呼ぶ男

3月7日・日曜日に預かりわんこを獣医さんから連れ帰ってきました。
名前は「翔(しょう)」
譲受人の友人がつけてくれました。

記事を書いたのが8日。
翌日の9日朝、とんでもないことに、逸走させてしまいました。

関係各位にご迷惑をおかけしましたことに、まずはおわびを申し上げます。

 →お詫びと顛末

シェルティと暮らしたことがある人なら、繊細でびびりな性格の子がしばしばいることはご存知でしょう。
その性格を持つ子が、うんと若い頃に、捨てられてしまったらどうなるか。

a0140955_1930336.jpg



うちに来た日の翔です。
クレートの中でぶるぶる震えていました。
あまりに怖がって、クレートから出てこないので、お散歩のときは両手と肩を持って引きずり出すんです。
クレートが動いちゃうので、母がクレートを押さえているという状態。(^^;)
引きこもりちゃんなんです。

やっと散歩に出ても、とにかくガタガタぶるぶる。

獣医さんでは入院中、全然おしっこしないので心配になって、画像で診断してしまったそうです(笑) そうしたら、ぼうこうが限界まで膨らんでいたそうで、また心配されていました。
いつもお世話になっている ふく動物病院 の先生、仕事増やしちゃってごめんなさい。

うちに来て2日目の朝にようやく排泄ができて、ひと安心。
翌日はぶるぶる震えながらもなんとか歩けるようになったのでまた安心したところで、リードが緩んだスキに逃走してしまいました。

東京はあいにくの春の雪、それも大雪。気温がすごく下がって寒くて。
でも、雪のために車は徐行し、翔も雪と寒さのせいか遠くへいけなかったのが良かったようで、翌朝はご近所のお知り合いのおうちで保護して下さいました。
ドロドロになって車の下でぶるぶる震えていたそうで・・・

確保して、シャンプーまでして下さいました。
Mさま、本当にありがとうございました。

a0140955_19443145.jpg


Mさまのおうちで、洗ってもらったあとの顔です。
イケメンでしょう? 推定2歳だそうです。
シェルティ、ボーダーコリー、コーギーのどれかが強く出ているMIXです。
体型はボーダーコリーに似ていますが、体重は10キロないし、ボーダーならばかなり小さいです。
半立ち耳はコーギーにはありませんが、顔の大きさはコーギーみたいです。
繊細なことと毛の感じ、しっぽの形はシェルティに似ています。迷子発見の時、第一発見者の方はシェルティとおっしゃったそうです。

a0140955_19483077.jpg
イケメンですが、引きこもりです。
クレートの扉を開けておいても出てきません。

まぁ、のんびり待ちましょう。
びびり翔くんの、心の扉が開くまで。
[PR]

by naomi_nmi | 2010-03-13 19:54 | びびりイケメン「元」引きこもり  

<< 野良グルメ ありがとう・・・ >>