成長中です。

家族だけでかまわないので、人に慣れて、人と暮らすことを幸せに感じてほしい。
人に可愛がられて、嬉しい笑顔を向けて、リラックスできる子になってほしい。そうして家族を癒してあげてほしい。家族に可愛がられる習慣が身につけられるように、その土台を作り直してあげたい。

そんな思いで、この3ヶ月、翔をお預かりしてきました。

最近は手からおやつを食べるので、お座りのコマンドはだいぶ聞くようになって来ました。
生来の怖がりはもう何年もたって、本当の大人の犬にならないと治らないと思いますが、根気良く付き合って家族としていつも守ってあげる姿勢でいて下さるなら、きっと改善すると思います。

さて、翔です。
昨日の朝、母が「あらあら何やってんの」と言うのでのぞいてみたら、翔が母のそばにいました。
ソファに座ってテレビを見ている母の寝巻きのスウェットパンツを、噛んで引っ張ったんだそうです。
「僕にかまって」のサインです。

このところは散歩の支度中に、私を甘噛みしたり、遊ぼうのポーズをしたり、嬉しさに暴走したりしています。
嬉しいことも怖いことも、感情の針が極端に振れると、暴走しちゃいます。
若いせいもあるし、翔の個性とも言えます。
甘噛みも飛びつきも、怖がらせない方法で制止する、その繰り返しです。
新しいご家族にもいずれしていただかないといけなくなるでしょう。
心を開いて気持ちを出して、甘えている証拠でもあるので、上手に抑えて下さいね。

こんな風に、うちに来た時ほどの萎縮はなくなりました。
あの時は一日中、お座りしたままブルブルガタガタ震えていたけれど、もうそんなことはないです。
やっと普通の若犬レベルになったので、普通のしつけができます。
怖がりの翔だから、「できたことをほめるしつけ」です。
おやつのごほうびを受け入れるようになったから、だいぶやりやすくなりました。
新しいおうちでももしかしたら最初はブルブル震えるかも知れません。
でも、ここで見ていただいているように、少しずつ信頼を積み重ねていただければ、必ずや可愛い笑顔を見せてくれると思います。

a0140955_1152047.jpg


散歩のあと、わざとサークルの扉を閉めておきました。そうなると、外でリラックスする方法を、自分で考えなくてはいけません。最初はベッドを置いてやりましたら、中に入っていました。しばらくすると・・・

a0140955_1181371.jpg

廊下でリラックスしています。この場所は先住犬の定位置なので吠えられていましたが(^^;
先住犬にはちょっとだけガマンしてもらわないとね。

a0140955_11102473.jpg

優しい表情になってきたなぁ・・・


新しいおうちでも、いきなりこの段階になるのは難しいと思いますので、ゆっくりと慣らしてあげて下さい。
預かり宅で覚えたことは、たいていのわんこが、預かり宅でかかった以上に早いペースでできるようになることが多いです。
「一度通った道」ですから、要領がわかると早いんですね。

うちで3ヶ月かかったことでも、相性さえ良ければ、もっとずっと短い間に馴染んでくると思います。
[PR]
by naomi_nmi | 2010-06-06 11:19 | びびりイケメン「元」引きこもり