あと少しだけ

看取りの子が来ることになったので、ソフィーをいったん、他の預かりさんにお願いしました。
ソフィーも看取りなんだけど、今度の子の方が、残りが短い様子だったので。

仮名 かりん

センターでの収容情報でなぜかエリザベスカラーをつけていた子。
親切な方に保護されて手術をしていただいたようで、肩の毛が刈られていた。

a0140955_927214.jpg



結局、飼い主は出て来ず。

そうだろうねぇ。声帯は切ってあるし、お手もお座りも待てもなーんにも知らない。

子宮蓄膿症で緊急手術をしてもらったのに、お尻からの出血で直腸の腺癌とわかった。
出血と排便の状況から大腸への転移がうかがわれる状態。
貧血が日々悪くなっていて、入院中は息が荒くパンティングをずっとしている状態だった。

火曜日に退院。
今日は木曜日。


a0140955_9281184.jpg




なんだか今日はうちでリビングを歩き回って、今はサークルの外で行き倒れているのよw
呼吸数は多いものの、パンティングってほどじゃなくなってきた。

ステロイドのために食欲がすんごい出ているので、おかゆをぺろりと平らげはする。
でもねぇ、大腸から先の癌なので、うんちが・・・
保護犬の排泄物って当初、本当に臭いけど、私史上最高にクサイ感じ(汗
うんちの匂いと血のにおいと鉄剤のにおいと、ガンの自壊臭が混ざっている感じ。

それでも、小腸で栄養が吸収できているのかな。
呼吸の様子からすると、貧血が改善してるかも知れない。

思ったよりもう少し長く、命が続けられそうです。
ステロイドの威力が続くまでは。

a0140955_9285041.jpg





明日から月末まで仕事が忙しいし
20日は私の愛娘犬の命日だし。

ため息が出る、ホント。


いつになったら保護しなくていい世の中になるんだろうねぇ。


ペットショップで犬猫売ってるうちは無理だね。
ペットショップから買う人がいるうちも無理。

ブリーダーが自分の犬のすべてに鑑札つける世の中にならないと無理。


そのような世の中が実現するとして、かりんもソフィーもその時はもうここにいない。



だったら、せめてあと少しだけ。
旅立ちの餞別に幸福の記憶を持たせてやること、それしかできない。



<記録のみ追記@20時>

軟便 3回
下血 1回

朝 おかゆに豚バラ、薬3種類
夜 おかゆにかぼちゃ、猫缶、カステラ+下痢止め、DHA、ピロキシカム
[PR]
by naomi_nmi | 2013-07-04 09:33 | 何もかもわかっていて