ある疑問

センターの写真ではボロボロだったし、引き出してみたらやっぱりボロボロだったし。

激やせで毛につやはないし、そもそも毛が少ないし、目は角度によって白く見えるし。
歯石もついてるし。耳垢もあるし。

そう思ってた。
だから老犬なんだろうと。

ところが、ケアを始めて2週間。
疑問が出てきた。

保護犬の年齢を見る時に参考にするポイント、歯。

a0140955_20213292.jpg


歯石がついているよね。右側の歯。
でも、よく見ると根元は白い。
だから、それほど長い間ついているわけじゃないってこと。


そして、左側l。
a0140955_20224118.jpg



歯石はほとんどついていない・・・
ちなみに前歯の上の歯だけありません。
スケーリングしてもらうと、歯から見る年齢は、もっとはっきりわかります。

そして、角度によっては白いものがあるように見えなくもない、目。

a0140955_20244929.jpg



いつも、なぜかウルウルしています。

実はレインは、歩いているときによくぶつかります。
興奮がちでそうなるのかと思っていたけど、落ち着いてきてもぶつかる。

もしかして、レインは弱視?
ならば、目の濁りは白内障ではなく、別の病気の可能性がある。
来週、避妊手術なので、よく診ていただきます。


a0140955_20442798.jpg

人がそばにいる時だけは、こうやってのんびりと寝ることができる。
離れているとそわそわして落ち着かない。

繁殖に使われていたことが明白なのに、人が恋しくて仕方ない。
不信感のために心を閉じている子たちとは少し違う。

思っていたよりも繁殖歴は短いのかもしれない。
ならばおそらく、数を産まないから放棄されたのだろう、とも。
[PR]
by naomi_nmi | 2015-01-12 20:41 | 優しい雨