留守番ができます

a0140955_1117272.jpg


長時間の留守番が苦にならないようなのがポピーの良いところのひとつでもあります。

うちへ来た日、慣らしのために散歩を除いて10時間ほどクレートにいてもらいました。
途中、どうしているのかな?とのぞいてみたら・・・

クレートの中でヘソ天してゴロゴロしていました(笑)
退屈だったのでしょう。
大騒ぎしたことは一度もありません。
もっともシェルティですから、それなりに声は大きいです。

このところはサークルに移して過ごさせることが多いです。
だいたいは静かに寝ています。
サークル内でトイレをすることはありません。
散歩の回数が2、3回あれば、それで済ませてしまいます。
念のため来週よりトイレトレーニングをする予定でいます。
また、来週から新しいご家族を募集する予定です。

先住犬におやつをあげるときや可愛がっているときなど、自分もほしいというように要求吠えをします。
放っておいても20~30分くらいであきらめて大人しくなります。
数分ごとに「わん!」と吠えていたのがだんだん10分ごとくらいになり、最後は静かになるというパターンです。
犬を飼うならこれくらいのことは人間にもガマンというか慣れてもらわないといけないです。
無視しているうちに犬も「吠えてもムダ」と理解するわけですから、これしきのうるささでガマンできずに外に出されては困ります。そういう方にはそもそも犬を飼うのは向いていないのでしょう。猫のほうがいいでしょうね。
もっとも、ポピーの場合は、母が話しかけてなだめてやると、さらに早く大人しくなります。


家族がいるときはいつも声がして目が届く室内飼い限定です。
[PR]
by naomi_nmi | 2009-12-09 11:36 | ひなげしのように