タグ:コリー ( 2 ) タグの人気記事

 

みーなのこと

8月の終わりに、岡山市の保健所に小さなシェルティ風の女の子が収容されていた。
写真を見て、シェルティであるか確信が持てなかったこと。
保健所の検査でフィラリアが強陽性であったこと、同時に体調が良くないようだと保健所の担当者から直接聞いていたこと。
空輸をすれば命がどうかわからないくらいだったので、現地に預かり先のない以上、保護は出来ないと見送ることとしていた。

シェルレスブログに拡散したので、その後の確認のために保健所に電話をしたら
「地元のボランティアが責任を持って保護すると言っている」ということなので安心して、情報提供をしてくれてい方にその旨、連絡をしたところ・・・

「実はその子の保護をすることになってしまいそうだ」とのこと。

話がまったく見えず、よくよく聞いてみると、情報提供者の人と岡山市のそのボランティアさんの間で、なぜかシェルレスの依頼により引き出しをすることになったという。
・・・なんのこと? うちは出さないつもりで保健所に情報のみ問い合わせをしたのに。
早合点と確認不足と、助けたさゆえの暴走。

行き場がなくなってしまったこの子を不憫に思い、レスキューで保護することになった。
仮の名をみーな。
この時点で、どこまでこの子の体調が戻ってくるのかは、予想ができなかった。
保健所の中でできる健康診断は限られているのだ。
a0140955_19292378.jpg



収容中に体調を崩し、地元のボランティアが病院へ連れて行き、慢性腎不全であることが推定された。
検査数値が振り切れているBun140オーバー、高いクレアチニンとリン、低すぎるアルブミンとカルシウム、それに貧血。
これだけの数値なら、2週間くらいしかもたないと、普通の獣医ならそう考える数値。

私たちは、あきらめられなかった。
地元ボランティアから情報提供先の預かりさんにみーなは渡され、鳥取県の動物病院で治療を継続することになった。
預かりさんに対してはZENママとふたままが医療や預かりさんのサポートをして、万全の態勢で保護をしようということになった。

a0140955_1852962.jpg



療法食は言うに及ばず、市販フード、手作り、考え付くあらゆる食べ物を試した。
貧血と低アルブミン対策のためにサプリメントを用意し、Bun対策のためにコバルジンやネフガードを試した。
何度も静脈点滴を行い、皮下点滴も連日行った。
もちろんフィラリアのために投薬も行った。

情報提供者だった預かりさんの仕事環境が変わるとのことで、東京で預かることにした。
そのタイミングで、このブログに預かり日記を公開するつもりでいた。
とはいえ・・・慢性腎不全は、治癒の見込みはない。
預かり先は我が家。すなわち、看取りが前提ということだ。
それでも、そんな子を保護していることを、ご支援者のみなさまにお知らせする責任があると考えていた。
10月26日、パレット×ロンリーペット道満譲渡会の前々日に、みーなは米子から羽田へ飛んできた。


みーなは我が家でも、ほぼ何も食べなかった。
犬用の食事は、おやつ類でさえ拒否した。
人間のテーブルの上のものを欲しがった。
けれど、それを与えても吐いてしまう。

推定年齢は高く見積もっても7~8才、この子はいったいどういう食生活をしてきたのだろう。
適正体重5キロ程度のはずの小さな小さなシェルティ(たぶん)。
可愛い可愛いで人間の食卓から食べ物をもらい、犬のごはんは自分の食べるものと思わないで育ってきたのだろうか。
しかし、シーザーというトレイに入ったご飯は何度か食べたという。
どういう育ち方・・・考えるのも嫌になった。
味の濃い人間の食べ物をあげつづけてきたのか。
それでなくても腎臓の悪い子が多いシェルティ。
シェルティの腎臓はガラスの腎臓とさえ言われるほどなのに。

みーなの腕には、静脈点滴を行った跡があった。
腎不全になったあげくに、医療費が追い付かなくて、捨てられたのか。
むちゃくちゃな飼い方をして病気になっても、それでも最後まで手元に置いて、その子が息を引き取るまで、互いに通じ合うやり方で心を通わせているならしょうがないんだよ。
人に迷惑かけていなければ、他人がとやかく言えることではないのだから。
少なくとも今の日本では、偏った溺愛でも虐待とは認定されないし。
それを、捨てるってどういうことだよ。
ほんとうにもう、うんざりだよ・・・


a0140955_1983871.jpg




2日たち、3日たってもみーなは何も食べなかった。
もう死期も遠くないのかと思い、食べるものならこの際、食卓のものでもなんでもと思っていたが、それさえも口にしては、結局、吐き戻した。
何も食べない口の中にコバルジンを入れるわけにも行かない。
点滴以外に何もできなくなってしまった。
この間に、なにか食べるものはないかと試し続けて1週間、ちょうど1週間。
そして岡山から保護して2か月。
何も食べないのにトコトコテケテケ歩き回っている、不思議な子だった。

昨夜の点滴は300ccを入れた。
点滴を上から落とすくらいでは入らなくなっていたので、シリンジポンプで50ccを6回。
それでも途中から入りが悪くなって、一度、吸収されるのを待って入れた。
300ccを入れるのに30分以上かかった。

思えばその点滴を入れた昨夜から、おしっこをしていなかった・・・

a0140955_1912216.jpg



留守番はクレートでさせている。
今朝、6時半に母が、7時に私が仕事に出た。
私は道満に荷物をとりに行き、夕方4時過ぎに戻ったら、クレートの中にみーながいるので驚いた。
母が自室から声をかけた。
11時半に母が帰宅した時には、亡くなっていたという。
私が家を出る時には、クレートの中でもぞもぞしていて、目を合わせたのだけれど・・・。

もしかしたらとおむつをはずした。

a0140955_19143384.jpg



小型犬用サイズのおむつのこの尿量が300ccあるはずもない。
ほとんど色のついていない、薄い色の。

腎不全末期の乏尿。
姫の時もこうだったっけ・・・・。

みーなは保健所ではない場所で、ひとり旅立っていった。
昨夜の点滴の時はずっと母の膝にいて、夜、クレートで寝るまでずっと母と一緒にいた。
それがせめてもの救いかもしれない。

保護した直後のみーなの顔と、亡くなる前の顔を比べてみてほしい。
a0140955_1918192.jpga0140955_19184554.jpg


本当に体調の悪そうな悲惨な様子からは、少しは穏やかになっているけれど・・・
でも、最後までやっぱり、さびしそうな顔をしていたように思う。

慢性腎不全は治らない。
手厚い医療を施して、時間を引き延ばすしかない。
その引き延ばされた時間の中で、温かく幸せな思いを与えること、それがみーなのような子に対して、わたしたちができるただひとつのレスキューだったと思う。

昨夜、みーなの預かりさんから「家族に迎えて最後を看取ってあげたいと希望している」と申し出があった。
預かりさんはご自身に持病があり、その飼育環境は決して余裕のある状況ではないため、ふたつ返事でみーなをお譲りしますとは言えなかった。
それでも、うちに来て、まるでストライキでもするように何も食べなくなったみーなにとって、預かりさんの家の方が安心なのかなとも思い、譲渡の検討を始めたところだった。


a0140955_19534839.jpg



先ほど、お世話になっている動物病院へ、献体のために預けてきました。
みーなの医療費は寄付やフリマなど、みなさまからのご支援で賄われました。
本当にありがとうございます。
ご支援いただいたお気持ちを無駄にしないよう、獣医療の発展や若い獣医さんの勉強のために、ひいては今もこれからも苦しむわんこたちの役に立てるようにと願っています。


みーなは姫と同じく、合同のお葬儀で空に帰ります。

a0140955_2002836.jpg


ありがとうございました。
[PR]

by naomi_nmi | 2012-11-02 19:20 | その日まで  

ラフコリーの里親さん募集

遠く九州は佐賀県から、生意気にも格安じゃない方の全日空に乗って、ラフコリーの男子がやってきました。
体重22キロの全身からドブ臭さを振りまいて。


保健所収容、動物管理所へ移動。
飼い主の迎えなし。
センターでワクチンを打って伝染病への検疫期間を設けてくれてなかったら、飛行機なんかに載せられないくらいの汚さ。

保護してくれたのは福岡のシェパード飼いのよんちゃんでした。

羽田到着直後。
スタッフのまさゆめさんと、動物病院へ行く前にシャンプー。

a0140955_12264588.jpg


a0140955_12272870.jpg



体中、ベタベタなわけです。
そして生乾きで2日くらい経ったクサイ雑巾のような臭いと、手足から発する酵母臭=マラセチアいるだろオマエさん?

a0140955_122847100.jpg



犬もわけわからず初対面の人間に従って、それでも笑顔がいじらしいですわね。。。

a0140955_12293373.jpg



はい、1回目のシャンプー後。
完全に落ち切れたとは言い難いけど、人間が生活でガマンできるレベルにはなりました。


その後。

a0140955_1231305.jpg


動物病院の待合室で。

残念ですがフィラリア陽性ですので、薬はしばらく通年投与でしょう。
それでもこの写真の翌日には去勢手術ができました。

a0140955_12321564.jpg


保護したその日に、こんなに手の先が丸くカットされてたんですけど・・・どう思いますか、みなさま。
でも、体は少なくとも3か月以上は外か外同然の犬舎にいた汚れ方。
ひじと手足の肉球のところが茶色く変色して悪臭。
そういう場所にいたってこと。

だから迎えに来てもらえなかったんだね。
最悪の飼い主だよね。
戻っても幸せになれないだろうから、戻らなくていいよ。

a0140955_12345523.jpg



その代わりと言っちゃなんだけど、これからおまえさんを、とてもとても優しいお姉ちゃんとお兄ちゃんの家に預けるからね。
大きいんだからご迷惑にならないように。
そして「僕はこんなに良い子です。僕を家族として可愛がってください。おりこうにします。笑顔にします」と、お姉ちゃんのブログで一生懸命アピールしなさい。
お姉ちゃんが頑張って、おまえさんのことをブログに書いてくれるよ。

自分で頑張って、幸せになりなさい。
あなたコリーでしょ、頭いいんだから、バカじゃないんだから、頑張れるよね?

それと、お姉ちゃんもお兄ちゃんも腰痛持ちだから、できるだけ自分でいろんなところに上り下りするように。
テーブルの上とかは乗るなよ。

わかった?よもぎ君。


よもぎの預かり日記はここです。
http://ameblo.jp/momo--komomo/

募集情報はこちらです。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-75645.html



よもぎは人間が大好きなストーカーコリーです。
預かり犬立ち入り禁止の私の部屋の前で、さっきからウロウロしています。
聞き分けは良いけど、スキあらば甘えようとします。
子供もお年寄りも大丈夫。


よもぎ君の飼い主さんを募集しています。
沖縄以外の日本国内どこへでも連れてまいります。



どうぞよろしくお願いいたします。


【追記】

よもぎ君は

・おすわりができません。
 できないというか、言葉の意味が通じないんです。
 sit でも スワレでも全然わかりません。
 体が不自由ではないので、教えればできそうです。

・stayと言うと立ったまま腰を少し落とします。
 右足と左足を少し前後にずらして・・・です。

さて、どうしてでしょう~? 
わかる人には、わかりますよね。

誰であれ、前の飼い主が無責任であること自体は1000%間違いないのです。
[PR]

by naomi_nmi | 2012-08-11 12:45 | 新しい家族募集中